スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トワイライトエクスプレスの食事の愉しみ

 只今、トワイライトエクスプレスの旅の紹介を
写真と共に特集しております。

 昨日はトワイライトエクスプレスの部屋の中の様子や
車内で撮った妻のポートレート写真等を紹介いたしました。

 本日はトワイライトエクスプレスの食事について紹介します。
ちなみに次回は車窓を紹介したいと思います。




 トワイライトエクスプレスの愉しみのひとつは食事です。

 旅路の車窓を眺め、日本海に落ちていく夕陽を見ながら、
その地域や北海道の食材を用いたディナーは圧巻です。

 トワイライトエクスプレスには、
ダイナープレヤデスという食堂車が連結されています。
大きく窓が取られ、ロココ調で落ち着いた雰囲気。
やさしい光を点してくれるテーブルランプ。
贅沢な食事時間の演出は万全なのです。

 食堂車では出発後1時間程でランチ営業が始まります。
ビーフシチューやパスタなどのメニュー構成です。
予約なしでも利用することが出来て、
ビーフシチューはトロトロに溶ける肉が絶品らしいです。
(私は昼食は駅弁にしましたので利用しませんでした)

「食堂車・ダイナープレヤデスでのディナーの始まり」
090214_1.jpg
-----------------------------
キヤノン Eos Kiss Digital
EF50mm F1.4 USM
f2.5 1/160秒
ISO200 WB:オート JPEG/Large
Resize(縮小)
<トワイライトエクスプレス車内>


 そして食堂車のクライマックスがディナー時間です。
ディナーの利用には事前予約が必要です。
予約は切符購入時と同様に、
チケット争奪戦が繰り広げられます。

 10組程度の席しかなく、
食事が提供される時間を
17:30か19:30か
選択をします。

 つまり計20組程度の席しかありませんので、
乗車する日によっては、熾烈なチケット争奪戦になるわけです。
緑の窓口など切符購入時と同時に購入するのが吉です。

 私は運良くディナー券をゲット出来ましたので、
フレンチは少々苦手なのですが、チャレンジしてみました。


「前菜:フォアグラのソテーのサラダ仕立て」
090214_2.jpg
-----------------------------
キヤノン Eos Kiss Digital
EF50mm F1.4 USM
f1.6 1/60秒
ISO200 WB:オート JPEG/Large
Resize(縮小)
<トワイライトエクスプレス車内>

「スープ」
090214_5.jpg
-----------------------------
キヤノン Eos Kiss Digital
EF50mm F1.4 USM
f1.6 1/50秒
ISO200 WB:オート JPEG/Large
Resize(縮小)
<トワイライトエクスプレス車内>

「魚料理:スズキと北海道産アスパラ」
090214_3.jpg
-----------------------------
キヤノン Eos Kiss Digital
EF50mm F1.4 USM
f2.5 1/125秒
ISO200 WB:オート JPEG/Large
Resize(縮小)
<トワイライトエクスプレス車内>


「肉料理:北海道産牛フィレとまつきのこ」
090214_4.jpg
-----------------------------
キヤノン Eos Kiss Digital
EF50mm F1.4 USM
f1.4 1/40秒
ISO200 WB:オート JPEG/Large
Resize(縮小)
<トワイライトエクスプレス車内>


 食事は前菜から一皿ずつ運ばれてきます。
温かなパンもおかわり出来ますし、
少しの揺れがあること以外は、
ちょっとリッチなレストランとなんらサービスも変わりません。

 むしろテーブル毎に記念写真として
ポラロイド写真を撮ってくれたりと至れり尽くせりです。
とても思い出に残る食事になりますよ。

 ちなみに私たちが利用した時には、
ひとりで食事をされている方もおりました。
ですので、一人旅の方も臆せずチャレンジ出来ると思います。

 もちろんアルコールのサービスもあります。
私たちはお酒を嗜まないので、オーダーしませんでしたが、
半分位の方がお酒を飲まれていたかと思います。
車内限定のワインもあるようですよ。

 そんなこんなで食事を進めていくうちに、
外はオレンジ色に染まり、
目の前に広がる日本海の荒波に
陽は落ちていきます。


 なお、フレンチが苦手という方は、
和食の会席膳を選ぶことも出来ます。
この場合、食堂車は使えませんので、
自分の部屋や展望ラウンジで食事をします。
係りの人が部屋まで運んで来てくれますので、
部屋から出たくない人にもお勧めです。
こちらもあらかじめ予約の必要があります。


 ディナータイムが終わると、
23時頃まではパブタイムとして営業が始まります。
予約なしで軽食やおつまみ、アルコールを頂けます。

 スイートとロイヤルの部屋には、
食堂車との直通電話があり、
パブタイムのメニューを
ルームサービスすることも出来ます。
さながらホテルのようです。


 そして、モーニングタイム。

 予約なしで朝食を頂けます。
混み合いますが、スイート、ロイヤルの方は、
前日に係りの方が部屋まで優先して
予約を取ってくれます。
希望の時間を伝えると、席が確保されます。

 和食と洋食をチョイスします。
卵料理が変わり、
スープか味噌汁か、
ライスかパンか
といった感じでしょうか。
和食だと膳になっているかと思います。
ちょっとしたお刺身なんかもあり、
和食がお勧めです。

 朝日を浴びて、
既に北海道に上陸した車窓を見ながら、
遠く北海道まで来たな~と旅情に浸ります。


 他にも車内販売で各地の駅弁を売り歩いていたり、
とにかく食に困ることはありません。

 そして旅行において、食は外せないと思います。

 音楽と同じで、
あの時あの場所で食べた味は、
その思い出をより印象深くしてくれると思うからです。

 21時間の寝台特急の旅は、
こういった点からもとても魅力的だと思います。

 もはや、旅程を通してもクライマックスにすらなりえます。

「食事前のひととき」
090214_6.jpg
-----------------------------
キヤノン Eos Kiss Digital
EF50mm F1.4 USM
f2.5 1/125秒
ISO200 WB:オート JPEG/Large
Resize(縮小)
<トワイライトエクスプレス車内>


【参考】
<ランチ>
・ビーフシチュー 2,000円
・その他カレー、パスタ等 1,000円前後

<ディナー>
・フレンチコース 12,000円/1人
・日本海会席御膳 6,000円/1人
・プレヤデス弁当 1,500円/1人 (当日車内で予約)

<モーニング>
・洋食 1,500円
・和食 1,500円

公式サイト


 ちなみにトワイライトエクスプレスを使ったツアーも
日本旅行社で企画されています。

 以下のリンクからどうぞ!
トワイライトエクスプレスで行く贅沢なツアー

テーマ : 食べ物の写真 - ジャンル : 写真

コメント

No title

おいしそうですね!いや  おいしかったんですね!!!
話や、雑誌などで聞いたり見たりしてますが、やっぱりすごいんですね!
動く、ホテル、レストランですね。

次回の車窓又、楽しみにしてます。

Re: No title

takaさん、こんばんは。
コメントいつもありがとうございます!

食事は味もさることながら、
そこで過ごす時間が何よりの思い出です。

一品ずつ丁寧に盛り付けられたお皿を
眺めているだけでとても心地よかったですね。

普段レストランに行って、
コース料理なんて頂くこともないので、
そういった意味でもとても新鮮でした。

中にはディナーのために少しお洒落をしていらっしゃる方もいて、
雰囲気がよかったです。

No title

車窓からの景色も最高でしょうし、ここでの
このディナーはとても良い時間を過ごせそうですね!!
最近、フランス料理を食べていなかったので
この写真見たら食べに行きたくなりました(笑)

Re: No title

ロキ@さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!

実は私もまともにフレンチのコースを頂くのは、
初めてに近いくらいでした。

なかなか敷居が高くて、
ランチとかで食べたことがあっても、
我が家ではディナーでお目にかかれないです(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

まるのん

Author:まるのん
デジタル一眼レフを片手にスナップを撮っています。
キヤノンEOS Kiss Digitalをずっと使っていましたが、念願のフルサイズである5DMK2を買います(予約中)。
スナップ写真や写真関連の情報を紹介していきます。

リンクやコメント大歓迎です!
ぜひぜひ。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
お勧めサイト
●写真撮影の旅のお供
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。